2018年医師向けサイトポイント獲得比較

2018年も仕事納めになりますね.

さて2018年の医師向けサイトのポイント獲得に関して比較をおこないましたので掲載いたします.

2018年前半に関してはこちらから

2017年までは,m3, carenet, medpeer, 日経メディカル,medical tribuneに登録していましたが,MEDYやプラメドもなかなか獲得率がよいと聞いたので2018年8月から登録しています

医師向けサイトのポイント獲得結果

では,結果です

※グラフのポイント獲得は,その月の獲得ポイントではなく,amazonポイントに変更した時点での記載となります.

2018年の獲得総ポイント

2018年の獲得総ポイントの内訳です

これでみるとm3が1番多く,ついでcarenet,ちょっと下がって日経メディカル,medpeerといったところです.

ただ,プラメドは8月からの集計にも関わらずこの善戦.1年間を通して獲得しつづければ,carenetに次いでポイント獲得率がいいかもしれません.

月毎でみるとこんな感じ

コンスタントにm3が稼げているといった印象ですね.

登録すべきポイントサイトは?

まずすべきは絶対にm3です.はっきり言って,ポイントの獲得効率が非常によくまた,コンテンツもかなり充実しております.忙しくてなかなかできないという先生もm3だけはしておいたほうがいいでしょう.

次に,登録すべきサイトは,難しいですが,日経メディカルでしょうか.プラメドも対抗しうるとは思うのですが,いかんせん1年を通したトータルが不明なため,次点には挙げれませんでした.またcarenetに関しては,ポイント獲得手段のメインがweb講演会となっているのですが,終了後15分で解答できなくなるアンケートに解答しないとポイント獲得ができなくなるため,獲得効率が悪いと判断し次点には挙げていません.3番手以降は,carenet≧プラメド≧medpeer>MEDY>>>>>>>medical tribuneとさせていただいています.

はっきり言って,コンテンツまで考慮しなければ,medical tribuneに登録する価値はありません.登録しても,アンケートなどの連絡が会った時のみアクセスするでも全然良いと思います.

総括

さて,2018年の医師向けサイトのポイント獲得に関して,比較しました.

やはりm3がダントツで良い結果に終わりました.しかし他のサイトも,m3ほどではありませんが,副収入と考えると十分なぐらいのポイントが獲得できています.

医師というのは,他職種に比べれば,高給であるのは間違いありません.しかし,今後もこの給与が維持されるとは限りません.そのため,将来を見据えるとなんらかの形で副収入を得る手段を確保しておくことは非常に重要となります.

ただ,いきなり投資で大きく収入を上げたり,ブログなどの副収入を得ることは非常に難しいものです,そういう中で,医師向けサイトでポイントを獲得することは,投資などと比べるとリスクが少なくリターンが得られやすいので,副収入を得ることを考え始めた先生に非常におすすめな手段だと思います.

ここで挙げたサイト以外にもおすすめの医師向けサイトがあれば教えてくださいね.では,また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

研修医,大学院などを経て勤務医をしております 医療をおこないつつ投資を行なっておりますが,主体はインデックス投資になりつつあります