投資のルール

資産運用にあたり,投資ルールを決めました.

今までは,なんとなく気になった株を購入,含み益が出てくれば,売却するという手法をとっていました.
世界経済が上昇局面にいる間は,このような適当な投資スタイルでリターンが期待できても,2018年になって,かなり株価が上下高し,世界経済の下方修正も予測される中,今まで通りの投資スタイルを続けた場合,資産を増やすのが困難になりうること,また今まで以上のリターンを取る意味でもきちんとルールを決めたほうがいいと思ったのが理由です.


制約と誓約を決めることで,リターン幅が上昇するかもしれませんしね.

 

 

 

 

現在,資産の運用は大きく2つに分けています.

1.独身時代からの,いわば自分の小遣いの範囲内での投資
2.家族共通の財産としての投資(つみたてNISAやiDeCo,ジュニアNISAがあたります)

投資ルールについて

共通ルール

緊急で生活防衛資金を超えてお金が必要になった場合は,自分の投資を売却する
決して家族共通投資は売らない.

自分投資用ルール

最終目標は億り人
運用資産が当面の目標額を越えるまでは、主にキャピタルゲイン狙いで国内株を売買する
売買した時は、エクセルできちんと売買理由と売却益を記載する
米国株は購入してもいいが,した場合はガチホ,ただしダブルバガーになった場合は半分売却していい.
理由なきバイオ株買い,ナンピン買いはしない
目標額を越えるまではアセットロケーションは気にしない

家族共通投資用ルール

どのような理由があろうとガチホ

つみたてNISA, iDeCo

インデックスファンドを積み立てる
iDeCoにかんしてはセレクトプラン変更中

ジュニアNISA

基本はインデックスファンドをひたすら積み立てる.
ただし、余力分は個別銘柄(主に米国株)を購入しても良い.

普通にみなさんが守っているようなことでしょうが,きちんとルールを設けることは大事なので記載させていただきました.
高みを目指して!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

研修医,大学院などを経て勤務医をしております 医療をおこないつつ投資を行なっておりますが,主体はインデックス投資になりつつあります